ビール紹介

芳醇。清廉。そして至高。心をこめたビールが咲きました。

2010年に産声を上げた、伊豆の国ビールは本格的なヨーロッパスタイルのビールを目指し日々ビール造りをしております。
原料はドイツ、フランス、イギリスとEU諸国より取り寄せた、どれも厳選素材。
ビール文化の先進国、ヨーロッパより原料(モルト・ホップ)を輸入しビールを製造しております。
仕込窯は1000L仕様になっており、これはクラフトビール業界の中では小さいほうで、1仕込みごと、丁寧に仕込めるちょどいいサイズだといわれています。こだわりの原料と、こだわり設備、製造責任者は経験豊かな2名、いずれもクラフトビール会社において、工場長を10年以上務めたベテランです。
ビールの種類はピルスナー、スタウト、ヴァイツェン、原料の選定から、仕込み方法までそれぞれの特性を生かしビール製造にあたっております。

こんな丁寧に仕込まれたビールは気高く、純粋で、贅沢、伊豆の国の自信作をぜひご家庭でご堪能ください。

まず定番メニューのピルスナーは、チェコ産の「ザーツホップ」をふんだんに使用し、少量を発酵後期に投入する、ドライホッピング製法を採用しております。より香りを重視し、ラガー系ビールではなかなか類を見ない製法です。

次にヴァイツェン、正確には「南ドイツスタイルヘーフェヴァイツェン」小麦モルトはドイツから輸入、初期比重を少し高めにして、香り豊かで、奥深い味を再現しております。

最後にスタウトですが、スタウトはじっくり時間をかけて仕込みます。熟成期間を50日以上と定め、じっくり熟成させます。ほのかに残る甘味と香ばしさ、本格的製法のスタウトは一度飲む価値ありです!

伊豆の国ビールの出来るまで

ラインナップ

  • ピルスナー

    ビールの大国チェコで生まれた、世界で最も愛されているビール、チェコ産ザーツホップをふんだんに使用、のど越しと、ホップのさわやかさが味の決め手です。

  • ヴァイツェン

    ヴァイツェンは「南ドイツスタイルヘーフェヴァイツェン」初期比重を少し高めに設定し、よりフルーティーな味わいに仕上がっています。スタンダードなヴァイツェンとボックスタイル(強いビールのこと)中間をイメージし造ったビールです。

  • スタウト

    スタウトは原料の一部に、発酵しない糖分を使用することでよりしっかりとしたボディーを演出できます。焙煎されたモルトをふんだんに使用し、コーヒーを飲んでいるような香ばしいビールであり、また炭酸ガスを少し弱めにすることで、より細やかで繊細な泡立ちを演出しております。ゆっくり飲むスローなビール。ご賞味あれ!